万屋さんちの凡才クン

普通の世界では優秀と呼ばれ、超能力者の世界では落ちこぼれと呼ばれる人間達のお話。

蜂須賀 五六

6時間20分 (227,439文字)

145 23

あらすじ

 超能力者ーー普通の人間とは違う、普通の人間には持ち得ない特殊で強力な能力を持って産まれた人間の事をそう呼ぶ。  この物語は、そんな特殊で強力な能力を持つ超能力者の中でも凡人はいますよ、という、様々

感想・レビュー 3

万屋と金村の掛け合いが面白いですね、後万屋の変態度が話が進む毎に上がってる気がします。 誤字かもしれないのがあったので報告。 123p 独身能力 146p木霊の読心能力
1件
書き方がうまくて面白いです!掘り出し物、といったら失礼かもですが、いい作品を発見した!といった感じです笑 応援してます、頑張ってください~!
1件1件
すごい読みやすいですね!変態チックですが(笑) 面白いし続きが楽しみです( ´ ▽ ` )ノ
1件

この作者の作品

もっと見る