番外編・邯鄲(かんたん)の夢④

あの人の名前がだされるたび、ざらざらとした嫌な手触りで、なでられている気がした

一茅 苑呼

恋愛 休載中 過激表現 図書券利用
9分 (5,066文字)

206 153

あらすじ

「その瞳もこの唇も…僕より、まいさんの方がいやらしいのに?」  ……それは、とても幸せな束縛で。 いつまでもこの夢が続いたらと願う僕がいる───。      ***** 第11話より番外編

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る