原西と社長

29/42
1806人が本棚に入れています
本棚に追加
/350ページ
ドサリと音をたてて運転席に座り込んだ。 今しがたの出来事に対処できず、混乱する。 キスされたのだろうか。 新堂に? 上手く隠していたつもりだったが、自分の気持ちがバレていたのか? それとも頭を打ったのが思いの外、重症で誰かと間違えたか? ただ一人。答えをしる新堂は夢のなかだ。 気をとりなおして、ジムの提携医師に電話をかける。 ほとんど深夜だが、彼なら診てくれるだろう。 繋がった相手に手短に新堂の症状を伝えると、直ぐに医院に来るようにいわれる。 医師に新堂を引き渡すと、病院の待合室においてあるベンチに座り込んだ。 今になって、ドッと疲れがでてきた。 今日一番の驚きは、なんといっても新堂からのキスだが。 どうしても期待しそうになる自分を、あり得ないことだと叱責する。 新堂には、ベットサイドの写真の相手がいる。 なにより男同士だ。 と、そこで喜多川達の顔が浮かんで、又しても頭をふる。 「原西くん。」 考えにふけていた時に、急に声をかけられて慌てて顔をあげた。 「今できる検査は一通りしてみたけど、異常は見つからなかったよ。 ただ打った場所が頭だからね。 念のため、新堂君はこのまま泊めるから。君はもう帰って休みなさい。」 柔らかくそうさとされて、頷いた。 そのまま部屋にかえる気にならず、ジムに戻って仮眠室で眠りについた。
/350ページ

最初のコメントを投稿しよう!