全てが平均以下しか出来ない少年

3/3
1488人が本棚に入れています
本棚に追加
/214ページ
この属性はそれぞれの種族が得意属性として一つ、サブの属性として一つ、原則計二つの属性を持っているとされており、それ以下はその属性以外使えないがその属性に長けており、三つ以上は三種類の属性を扱うためか通常平均値より多くの魔力を有しているとされている。ソレ以上の属性を持つ者は大変珍しい存在とされている。 属性は基本属性以外にも複数存在すると言われているが、基本属性の七つ以外どんな属性が有るかはわかっていない。 タイランドにはギルドと呼ばれる組織が存在しており、その目的はより良い市民の生活のためにとされている。 このタイランドの至るところにギルドが存在する。 その行動内容は、魔物の討伐等の危険で物騒なモノから、子供の御守りや荷物運びの手伝いなど誰でも出来るモノまで色々な頼み事を依頼として受け、それを達成すると言うモノである。 依頼であるからもちろん報酬は出る。 そんなギルドには先程も言ったが危険で物騒な依頼も来る。 故に、その危険で物騒な依頼を身の丈にも合わないのに受け、命を落とすなんて言う者が現れるのを防ぐためにランクと呼ばれるモノが制定されている。 このランクは全部で七つ存在し、下からF、E、D、C、B、A、Sが存在しランクが上がる毎にその危険度や達成難易度が上がる。 Sランクには二つ名と呼ばれるモノが付き、それはその人を一言で著す呼び名でありその人の特徴等がわかるようなモノが好ましいとされている。 Sランクの者の強さはピンからキリである。 そして彼、ライナード・アスターシャは 、彼の住まうムーゲ王国のトライ学園に通う三年制の高等部二年の水属性が得意属性であり風属性がサブの属性である、ギルドランクが彼の年齢層の平均であるCランクを下回るDランクの少年である。 そんな彼は、夏休みに入り皆が友人と遊んだりしている今日も、強くなるためにギルドへ訪れ依頼を受けるのであった。
/214ページ

最初のコメントを投稿しよう!