君のそばにいさせて

3/3
563人が本棚に入れています
本棚に追加
/211ページ
こうして嬉しそうに俺を見上げる尚翔を見ると、昨日ちゃんと向き合って話をしてよかったと思う。 せっかく恋人になれたのに、一日で破局とか、マジで笑えねぇ… 「潤先輩。」 「ん?」 「…今日も帰りに、先輩のウチに寄っていい?」 「…ああ。」 過去は過去で、受け止めるしかない。 でも、これからは。 隣を歩く、何よりも大切な恋人だけを愛してやれる自信がある。 「でね、先輩、」 「…尚翔。2人の時ぐらい“先輩”呼びやめろ。」 「え……」 「“潤”でいい。ほら、呼んでみろ。」 「でも……」 「尚翔。」 俺の些細な意地悪に、顔を赤らめながら困惑する尚翔。 じっと見つめ、無言で催促する。 「…………………………………潤…」 うっかりすれば聞き逃してしまう程か細い声で、尚翔が俺の名前を口にする。 ああ、もう。 くっそかわ。 「“先輩”呼び、禁止な。」 「そんな………」 「さっさと慣れろ。」 「うぅ………」 そんなささやかなやり取りですら、嬉しいと思う。 ────これから、ゆっくりと。 進めていけばいい。 生涯で一度きりの、この恋を。 *Fin*
/211ページ

最初のコメントを投稿しよう!