始まりは月曜日の深夜

34/40
843人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「おはよぅ」 校舎に入ったところで、入山環奈と出くわす。 「おはよーカンナ」 「おっす」 亜夢と晃司が同時に挨拶を返したけど、美奈都は一瞬言葉に詰まった。 「どうかしたのミナト?」 環奈に不思議そうな顔をされ、美奈都の胸が痛む。 何で環奈に投票してしまったのだろう……。今更ながら悔やんだ。 「ねぇ昨日のヤツだけどさぁ」 環奈がすぐに切り出してくる。 あれが来たのは、昨日じゃなくて今日のことだと思ったけど、もちろん美奈都は何も言わなかった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!