神を冒涜する行為の罰

23/40
340人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「ミナト……」 「生贄に選ばれた人にはボットが設置出来ない可能性があるけど、でも一人で100万回なんて無理でしょ。 だから今日から一週間、二人で交代でやろう。リョーコが寝てるときは私が代わってタップするから」 「ミナト……有り難う」 良子の顔が歪み、涙が零れる。 「ちょっと待って、ワタシも一緒に行く」 亜夢もすぐに声をかけた。 「アム……有り難う」 「何言ってんのよ。ワタシたち親友でしょ」 亜夢は良子を抱きしめた。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!