神を冒涜する行為の罰

29/40
346人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
良子を先頭に二階の良子の部屋に向かう。 もちろんこのときも、ずっとタップは続けられていた。 「ごめんちょっと着替えていい?」 「うん。じゃあ代わるよ」 美奈都は良子からスマートホンを受け取ると、すぐにタップを始めた。 こんな時間から、良子の家に三人で集まるのは、夏休み以来である。 こんな状況ではあるが、美奈都はそれに関しては何だか楽しかった。 生贄投票のことと、死んだクラスメイトたちのことを話すのは、何となく気がひける。 それはおそらく、亜夢も良子も同じらしく、三人とも口に出さなかった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!