死して尚担任だった神

31/40
274人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「うるせぇ!」 晃司は美姫に向かって怒鳴ると、周りを見る。 「オマエらは?」 晃司は次いで金田淳に聞く。 「ちょっと待ちなさいよ。誰に投票するのかなんて、個人の自由でしょ!」 美姫と仲が良い福岡聖佳が非難する。 「うるせぇよ。オマエらの為に命かけたんだぞこっちは」 「だから何よ?」 「何よじゃねぇだろうが!」 晃司は今度は、聖佳に向かってキレた。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!