始まった天使の復讐劇

36/40
959人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「嘘じゃないよ」 「何でよ。何で人殺しなんか」 美奈都の顔が歪む。 「ちょっと待ってよ。投票で生贄を選ぶことだって、人殺しと何も変わらないでしょ?」 「いや、それは違うだろ」 俊明が口をはさんだ。 「違わないよ! アイツらは投票で選ばれると死ぬことが分かってて、晃司に投票したんだよ。それって殺したのと同じじゃん。許せるわけないでしょ!」 「いや、だからって」 「何よ!」 「いや……」 温厚な怜がキレて叫んだものだから、全員その雰囲気にのまれて言葉を失った。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!