11

9/9
93人が本棚に入れています
本棚に追加
/82ページ
「お前は俺の方に直接来ると思っていたんだ。まさか、まさか、愛がこんな事になるとは、全く予想していなかった」 「私の正体を知っていたと言うの?」 「ああ。知っていた。お前は伊比村の食人鬼だ」 もう警察には頼らない。 愛の仇をとり、伊比村の悪事を止め、犠牲者をこれ以上出させないためなら、自分の全てを捨ててもいい。 燎は命を賭けて戦う覚悟を決めた。 燎は立ち上がるとセシカを睨み、指さし、力強く宣戦布告した。 「俺はお前と伊比村を、必ず破滅させてやる!」 第四章終わり 第五章へ続く
/82ページ

最初のコメントを投稿しよう!