会いたかった

2/11
619人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
昨夜はあのまま篤史くんの胸の中で眠りについた。 目覚めたとき、裸の自分に恥ずかしくなったけれど、今はそんなことよりも、 昨日、あたしが篤史くんを深く深く傷付けていることに気付いて、どうしていいのかわからずにいた。 「理彩、おはよう」 「おはよう、篤史くん」 篤史くんの顔を見ると、篤史くんは顔を歪めながら、 「昨日はごめんな」 って言うから、正直ほっとした。 「良かった。篤史くんが怒っていなくて……嫌われていなくて」 「怒らねぇし、嫌わねぇよ。理彩、ほんとにごめんな」 「謝らないで。ねぇ、篤史くん、キスしよ?」 「ん」 最初は触れるだけのキス。 だんだん深くなってきて、篤史くんの服をぎゅっとつかんだ。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!