入学式

8/11
95人が本棚に入れています
本棚に追加
/95ページ
春休み明けの学校は、とてもだるい。 授業なんて、ほとんど頭に入って来ない。 ぐだぐだのまま、一日を過ごし、帰宅時間。 「晶ぁ、帰ろ。」 「うん。」 同じ方向のわたし達。恵は自転車、わたしは歩いて帰る。 「さっき、聞いたんだけどさぁ。真紀に。」 「うん。」 真紀とは、噂好きの女子。あいつは、何でも知っている。 「智と、誠先輩、付き合ったらしいよ。ほら、卒業式で、智、大泣きしてたじゃない。 誠先輩がいなくなっちゃうからって。…そしたら、第二ボタンもらって、付き合いだしたんだって。」 「へぇー。」 ああ、そういえば、智、先輩の事、大好きだったもんな。 「で、キスしたんだってー。」 「へぇー、キスかぁ。」 性に目覚め始めるお年頃。 …でも、わたしにとっては、イマイチ、ピンとこない話だった。
/95ページ

最初のコメントを投稿しよう!