3

26/34
296人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ
   至近距離で腕枕をされて、見詰め合う。 田所さんの黒い瞳に、困惑しているわたしが映っていた。 目を逸らしたのは、わたしから。 お互い何も身に着けていない身体が今にも触れてしまいそうで。 距離を取ろうともがくと、逆の手でシーツの上から腰を掴まれてしまった。 「どうして、逃げるの?」 「だって、恥ずかしいじゃないですか」 「今更?」 「い、今更でも、んっ」 最後まで言えなかったのは、田所さんに唇を塞がれたからだ。 強引なキスは、次第に優しくなって、わたしの心を解していく。 きっと、田所さんは優しい人だ。 わたしが泣いた本当の理由をわかっているはずなのに。
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!