7.

1/27
458人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ

7.

      大きな紙袋を抱えて事務所を出る。 紙袋の中身は二十日締めの請求書。今月は連休を挟むため、直接郵便局に持ち込んでいるのだ。 他の部署の分も合わせると、紙袋一杯分になったそれを持ってエレベーターに乗り込んだ。 「ちょっと、待った」 扉が閉まる寸前、その声を聞いて、慌てて開くのボタンを押す。 「あ、田所さん」 驚いたことに、乗り込んできたのは、田所さんだった。 「お疲れ」 「お疲れ様です」 仕事モードの田所さんは、何か考え事をしているのか、1Fのボタンを押すと、ニコリともせずに黙り込んでしまった。 あれから、特に会話をする機会も無くて、明日には週末を迎えるけれど。 この雰囲気じゃ、週末の約束を覚えていますか?なんて、聞くことも出来ない。 チン 甲高い金属音がして、扉が開く。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!