†3 新たな日常

11/11
964人が本棚に入れています
本棚に追加
/666ページ
「すごいイビキだったぞ」 「えっ//!?」 「クク……、冗談だ」 リョウキは殊の外、このテの悪い冗談が好きらしい。 子どもみたいな表情(かお)で笑うリョウキに、エリは軽い苛立ちを覚え、またもや礼を言うタイミングを失ってしまった。 「ところで……、さっきのアレは何なの?」 先ほどの状況を思い出し、気を取り直してエリがリョウキに問いかけると、リョウキは真面目な顔で口を開いた。
/666ページ

最初のコメントを投稿しよう!