セフレの定義

8/22
2817人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ
聞きたい質問ほど喉に引っ掛かるもの。 躊躇するうちに、梨香子達はさっさと次の話題へと移っていく。 「小椋先輩も、篠田先輩が彼女持ちなの知ってるはずだよ」 「そうなの?でもあの勢いじゃ、セフレでもいいとか言いそうね」 セフレ。 その言葉にピクッと反応した。 彼女がいる篠田は、 私の心を必要としない。 彼にとって、私は何…? 「ねぇ、相原君。 男にとってセフレって何なの?」 腕組みをして突如名指しで切り込んだ私に、怯えた相原君の背筋がのびる。 「おお、俺に聞かれても!」 「男側の意見を聞かせて。 セフレの基準は?」 「か…彼女の他に寝る女?」 「なぜ彼女がいるのに寝るの? 何を求めてるの?」 この際相手は違えど、篠田に聞きにくいことを聞いてみる。 …タイプはまったく違うけど、相原君も“一応男”だ。
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!