青空の下、恋をする。

21/23
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ
「・・・りょ、陵・・・?!」 驚いて陵に近づくと、自嘲するかのように笑った。 「・・・こっぴどく、振られてきたよ。梨紅に。」 私の前で涙を見せまいと、必死に笑う陵が痛々しい。 「・・・陵。」 無理して笑わないでよ。 こっちのが、辛いじゃんかー・・・。 「わかってたのに・・・結構堪えるもんなんだな。いやぁ、誤算だわ。雫ごめんな、変なとこ見せてさ。大丈夫もう回復したよ。情けねぇよなぁ、男なのに。こんなだから、梨紅は俺のこと選ばなかったのかねー・・・。俺でも今の俺は選らばなぇかなぁ。」 なんで、そんな苦しそうに笑うの。 私が見たことあるのは。 自然体の陵だけだったんだよ? ・・・私が好きなのは。 自然体の陵なんだからー・・・。 「・・・っは?」
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!