第7章 薄明かりの中で

3/25
819人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
一歩、一歩もといたベッドへと歩をすすめる彼… 「わかったよ、 君の体をじろじろ見るのは控えるから…」 彼はシーツとシーツの合間にもぐりこんだ私にそう声をかけたら 彼もシーツとシーツの合間に体を滑り込ませた…
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!