第2章

13/28
3083人が本棚に入れています
本棚に追加
/358ページ
…どれだけそうしてたんだろう。 夏井に、キスされている。 それを自覚した瞬間、自分のやるべきことを思い出した。 抵抗!! 「ん~っ!!」 体全部で逃げようとしたけど、背後を取られて腕をロックされてしまって、自由になるのは足だけだった。 しかも、首を背けようとした瞬間に、逃がさないというように顎を掴まれて更に深く唇を重ねられる。 さっきから首を舐めていたせいでしっとりと濡れた唇に吸い付かれて、誘導されるように唇を開かされて。 俺は呼吸を求めただけなのに…タイミングが悪かった…! 「ん…っ!」 舌が、俺の舌に触れた瞬間、電流が体を走るような感覚…。
/358ページ

最初のコメントを投稿しよう!