吸血鬼とヴァンパイア

24/25
736人が本棚に入れています
本棚に追加
/215ページ
人間大の物体が星々を移動するために光の速度で動いたんだぞ? そのスピードで止まった時の衝撃波だけでとんでもない被害が… 普通なら大気圏で燃え尽きるハズ…しかもあの新しい神はまだ子供だったんだろ? スーパーサイ○人になれる主人公はともかくとして、ナメッ○星人の子供は確実に燃え尽きるんじゃね? だって、ベ○ータ達が乗ってきた宇宙船でさえ着地した時は地面にクレーターが出来たんだぜ? …主人公って一体どんだけの衝撃をあの小さな体で吸収してんだよ。 …漫画だから?漫画だからそこは深く切り込まない方がいいのか? 「「「うーむ」」」 4人でベンチに座り考え込む。 「瞬間移動って反則技よね」 「そうだな、あの最終形態もなかなか反則だが」 「頭に核があるって嘘ついてたしね」 「上半身消しとばしても下半身から再生とか…やっぱり全身消しとばしたのが正解だったんだな」 俺らはドラゴンうんたらのネタでムダに盛り上がった。
/215ページ

最初のコメントを投稿しよう!