0.序章

1/1
532人が本棚に入れています
本棚に追加
/330ページ

0.序章

「…。あなた高校生だったの??」 目を見張って言い放つ女の顔を見て、16歳の彼は口角を上げた。 「そうだけど…そう言うあんたは思ったより歳くってたんだ?」 「歳くって、って…。あたしはまだ20代前半よ!」 女は失礼な、とでも言いたげに頬を膨らませ抗議する。 「…つか、そんな事よりさ」 しかめっ面で睨む女をよそに、彼は楽しそうに続けた。 「あん時の約束、ちゃんと守ってよね? 桜庭幸子センセ…?」
/330ページ

最初のコメントを投稿しよう!