甘くて苦しい香り

23/25
1444人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ
ほのかに漂う、魅惑的な甘い香りに目眩がした。 抵抗しようと身体を押しのけようとするものの、力強い腕が身体をしっかりと拘束していた。 唇が重なり合い、そのまま舌が口内に入る。 「――――んっ」 交わり、絡められる舌。 今まで感じたこともないような魅惑的なキスに、 全身が震える気がした。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!