.。o○.過ぎゆく夏。o○

8/21
106人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
「葵ー!こっちー!」 「あ、由貴と雅人さん」 「……あの2人って、似とうよな?なんか……ムダに明るいよな…」 「プッ、司…雅人さんに言うよ?……でも、似とうかも」 「ハハ、やっぱ…そうだろ?」 顔を見合わせて笑ってたら、 怪訝そうな顔の由貴達が私達の方に向かって歩いて来る。 「ちょっとぉ。なに言よったん?……葵ぃ、高岡先輩も!」 「おい!司…また、変なこと言よったんかよ」 ーーヤッパリ 似てる!って思って司を見たら 司も同じように私の方に向いて笑っている。 「やっぱりー!」 「やっぱりかよー!」 ハモった2人の顔まで同じように見えてきて… ツボって、また笑ってしまった私と司。 「……ホンマにお前らって、サイコーやな?あー、腹イター!」 「……つ、司ぁ~、バレるってぇ」 暫く、司も私も笑いが止まらなくって 由貴と雅人さんに睨まれてしまった。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!