日常。

4/16
328人が本棚に入れています
本棚に追加
/94ページ
キュッキュッっと、水が流れている水道を止め、タオルで手を拭く。 「もう行くのか?」 学園の制服に着替え終わった春樹に声をかける。 俺は春樹と、同室なわけじゃねぇからな 春樹が今日は泊まりに来てるだけだ 週末は春樹が泊まりに来たり、俺が泊まりに行ったりしてる 勿論他の奴にはばれないようにな 「ああ、俺は行く、煉夜も生徒会の仕事頑張れよ」 そう言いチュッっと俺の額にキスをする春樹。 ムカつくが様になってんだよな まぁ…意外とこれが嬉しいんだけどな…… 「おう…春樹こそ風紀の仕事頑張れよ」 学園じゃあ今みたく話せないからな。 付き合ってる事秘密にしてるからな …何か犬猿の仲だったから、言いづらくてそのまま秘密にしたんだよな…… 「行ってくる」と、俺に声をかけて玄関を出て行く春樹。 春樹が居ないだけで、この部屋が無駄に広く静かな気がする。 ………春樹がこの部屋に住めば良いのにな。
/94ページ

最初のコメントを投稿しよう!