第19話 【再会】

40/40
1899人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「違うの…もう、これ以上は無理だって…。だから私、さよならを言って飛び出して…」 伝えたい言葉が定まらず、再び涙が溢れ出す。 「安藤……」 「ごめんなさい。深津さんにこれ以上頼っちゃいけないのに…でも、どこに行けば良いのか分からなくなって…」 「安藤、分かってる。大丈夫だから…」 彼を目の前にして、辛うじて繋がっていた自制の糸がプツリと切れた気がした。 「ごめんね、ごめんね、…私、深津さんの優しさに甘えて…」 ポロポロと零れ落ちる涙。嗚咽が漏れる口を両手で塞ぎ、肩で息をする。 「私っ…」 言いかけた瞬間、私は大きな体に抱きすくめられた。 深津さん…… 「分かったから。もう、言わなくていい…」 抱きしめられた私の耳もとに、宥めるような声が落ちて来た。 強く抱かれるその力が私の感情を鎮静し、心まで抱かれている感覚は全身の力を奪って行く。 「…今夜行くところが無いなら、俺のところに来るか?」 深津さんは私を抱きしめたまま、囁き声を落とす。 ……この人が側にいてくれるのなら、この温もりに抱かれていれば、 あなたの側に居たらあの人を…この苦しみを忘れる事ができますか? 「……」 私はゆっくりと彼の背中に手を回し、瞼を閉じて小さく頷いた。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!