第6章

15/19
2373人が本棚に入れています
本棚に追加
/279ページ
なんだよ... 無理矢理してくるくせに、なんでこんな-- 「落ち着いたか?」 「や、嫌だ...抜いてくださ...」 ふと見上げると、壮絶な色気を纏って笑う沢木さんが、目尻をなぞる。 「ほら、手回せ」 声まで優しく聞こえてくるなんて。 「気持ちよくしてやるから」 今まで俺が言っていたようなセリフ。 まさか俺が言われることになるとは...
/279ページ

最初のコメントを投稿しよう!