赤い人

1/16
604人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

赤い人

私の学校にはいくつか怪談がある。 自分の頭部をドリブルするバスケットボール部員の幽霊、上がってしまったら戻ってこられない階段など。 だけど、どれも作り話みたいで誰も本気にしていなかった。 そんな怪談の中に一つ、やけに内容が詳しいものがあった。 それが……「赤い人」の怪談。 数ある怪談の中で、どうしてこれだけが詳しく語られているのか、どうしてほとんどの生徒が知っているのか、私は知らなかった。 そう、本当にこれに巻き込まれるまでは。 「あれ?スマホがない。ポケットに入ってるはずなのに……」 放課後、掃除が終わって下校しようとしていた私は、どこを探してもスマホがない事に気付いた。 「里奈?何してんのよ。ほら、早く帰るよ」 友達の優香が教室の入り口で私を呼んでいるけど、スマホがないのに帰る事なんて出来ないよ。 あれがなかったら生きていけない! 「優香も一緒に探してよ、スマホがないの!」 「マジ?どこに落としたのよ」 ハアッと溜め息をついて、仕方ないなと言わんばかりに一緒に探してくれる優香。 だけど、カバンやポケットの中はもちろん、ゴミ箱や机の中にも私のスマホはなかったのだ 。 「もしかしてさ、音楽室じゃないの?里奈さ、授業中に弄ってなかった?」
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!