老猿と陰陽師と

1/14
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/97ページ

老猿と陰陽師と

かつて、平安の時代は魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)していると信じられていた その中で貴族たちに重宝されたのが陰陽師。彼らは占術、呪術、天文学などを用いまた式神を使役し、祈祷などを行った そんな陰陽師が、もっとも嫌うのが同じ魔を退ける者である退魔士である (※この作品では実際の陰陽師とは全てが違います 違和感があるかもしれませんがご了承下さい)
/97ページ

最初のコメントを投稿しよう!