とある夜。

2/2
694人が本棚に入れています
本棚に追加
/74ページ
「あっ…んっ、っう」 深夜二時。 誰もが眠りにつくこの時間、この家のある一室から漏れる明かりと声。 その声の主であるこの家の長男は、ベッドの前に座り込み、ビクビクと体を震わせていた。 「ははっ、最高だよ兄貴」 座り込む彼の目の前にあるベッドに腰かけているのは、紛れもない彼の実の弟である。 つまりこの弟こそが、彼にそんな声を出させている原因なのだが… なぜ彼等がこんなことをしているのかというと、話は数時間前に遡る。 ――――――
/74ページ

最初のコメントを投稿しよう!