祭りの後

13/16
826人が本棚に入れています
本棚に追加
/279ページ
親父さんが拳を振り下ろすより速く、実香の黒い手が伸びる。 俺に拳を打ち付けたと思っていた親父さんの顔色が変わった。 「なんだ……腕が動かねえ!!誰だ、誰が!」 実香の細い手が、大木のような腕を掴んでいる。 そして……。 「私は……こんな未来の為に命を捧げたわけじゃない!!」 実香の顔が、怒りに満ちたものへと変化して行く。 それは表情だけではなく、その容姿までも醜く歪ませて。 「な、何だ!?その声は……忘れるはずがない!実香、実香なのか!?」 慌てたように辺りを見回し、その脇にいた実香と目が合った瞬間。 実香は、親父さんに食らい付くと同時に、化け物へと姿を変化させた。 「あ」 と、親父さんが呟くと同時に、上半身が食いちぎられたのだ。 親父さんの腕が、俺の髪を掴んだままダラリとぶら下がる。 俺にもまだ、身体を支える力はなく、ゆっくりと地面に崩れ落ちた。 残った親父さんの身体は……実香によって食い尽くされ、影も形もなくなってしまったのだ。 それを見ながら俺は……ゆっくりと目を閉じた。
/279ページ

最初のコメントを投稿しよう!