あの夏を待ってた

それはとある田舎町。暑い夏の日の出来事だった……。

夏氷

SF 完結
11分 (6,335文字)

50 132

あらすじ

あの夏、あの日、あの町で出会った彼。 私、あなたに返す物があります……だから。 あの夏を待ってた。 プロフ訪問4000人記念作品。 4000のキリ番を踏んで下さったひす様よりリクエ

感想・レビュー 2

ロマンチックですね。 ゆっくりと迫ってくる未来に、胸が踊ります。 活かしきれていない、とおっしゃっていた志木さん、私もその人となりが気になります。 視点を主人公に絞るのではなく、途中で交代するなどし
ネタバレあり
1件1件
夏氷さん、お題を書いて頂きありがとうございますm(__)m 物静かなメガネ男子にピッタリの小説を介した不思議なお話でした。 恋愛とは違う、それでいて今後に期待してしまう。そんな話でした。 お題は
ネタバレあり
2件1件

この作者の作品

もっと見る