初恋の人⑥

11/42
9892人が本棚に入れています
本棚に追加
/475ページ
「そ!!そういうことをす、する…!!のは…」 「あっはは!ごめん、ごめん。もう本当新鮮だなぁ。琴音さんの反応は。 あっ、次から琴音ちゃんって呼んでいい??」 それは完全にお子様扱いをされているのではないの?苦い顔をしていると、奏さんは何かに気付いた顔をした。 「ちゃん付けは親しみを込めてだよ。じゃあね、琴音ちゃん。また」 さっきまで私を呼び寄せて耳を掴んだ手のひらは、今は普通に手を振って「バイバイ」をしてくれている。 どうして最初からそれだけにしてくれなかったんだろう。 からかわれているのはわかっているけれど、どうも意識してしまう。 赤くなった顔を隠すように俯きながらも、もう一度深々とお礼をして私は柊さんを待つためにお店の外へと急いだ。
/475ページ

最初のコメントを投稿しよう!