【お惣菜系女子×飲食店店長】

32/94
180人が本棚に入れています
本棚に追加
/325ページ
ドサッ。 引ったくり犯は地面に勢いよく倒れ込み、痛そうにもがいている。 「ありがとう、君! 助かったよ」 後ろから追い掛けてきていた茶髪の男性が、その引ったくり犯を取り押さえながら私にお礼を言ってきた。 頬のニキビと眼鏡。 あれ? この顔どこかで……。 「――って、あっ。松江さん!?」 「えっ……」 確かに目の前にいる男性は松江さんだった。 だけど松江さんは私の事なんて知るはずもない。 だから当然の如く微妙な反応が返ってきた。
/325ページ

最初のコメントを投稿しよう!