第四部‐*《アスタリスク》‐

1/3
440人が本棚に入れています
本棚に追加
/355ページ

第四部‐*《アスタリスク》‐

  「滑稽だ。人間というものは」  暗がりの中で、ガラス張りの向こう側を見つめながら男は独りごちた。 「そう。けれど、私たちも彼らと同じ。彼らの欲望から造り出された」  彼の傍らに立つ人物は無感動に淡々とそう言い、暗がりの先に視線を送る。  眼前ではいくつもの泡沫が吐き出され、男はそれを見て参ったと笑う。 「確かに、そのとおりだったね。――スパイン」  
/355ページ

最初のコメントを投稿しよう!