第3章 検査と武器

37/43
171人が本棚に入れています
本棚に追加
/408ページ
男「また大穴が空いてたらしいぞ?」 男「ホントかよ!?これで何個目だ?」 男「今騎士団が、調べに行ってるよ」 大穴?なんのことだろ? その人たちに話を聞こうと思ったら、向こうからフーさんが叫んできた フー「あぁぁぁ!!見つけたッス!!」 美琴「ふぇ?」 フー「美琴さん、ちょっといいッスか!?」ダダダダ!!!!!!! 美琴「は、はい?.........って、わぁぁぁぁ!?」ガシィ!! <ダダダダダダダダダダダダ!!!!!!! 突然走ってきたフーさんに捕まえられ、何処かに連れていかれる事に 美琴「あ、あのフーさん!?」 フー「今は静かにしといたほうがいいッスよ!!舌噛みますから!!」 言う通りにしておこう 現に今、噛みそうだったし........ まぁ、変なところに連れていったりはしないはずだから、黙っておこうっと
/408ページ

最初のコメントを投稿しよう!