第16章 告白

1/31
62人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ

第16章 告白

「僕のために……?」 「ああ」 僕を抱いた悠月さんの手が 愛しげにそっと背中をさする。 「おまえのために歌ったんだ」 僕は少しも身動きできず 耳元に響くその甘い声に聞き入っていた。 ――僕のため。 「見てました」 「嘘つけ。どこで?」 「音のないテレビの前で」 「それじゃ意味ねえじゃん」 皮肉めかして笑う悠月さんの腕の中。 「聞こえてました」 僕は頑として首を横に振る。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!