歩むべき道

1/35
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

歩むべき道

ゆっくりと瞼を開けた。 薄暗い部屋にいるみたい。 目の前には泣き出しそうなシュウがいた。 ハッとして起き上がると身体中痛い。 全身筋肉痛みたいな鈍い痛みが走る。 シュウが私に抱きつく。 「良かった!良かった!キョウカが生きてる!!」 私、確かベリアルに…。 周りを見回すとカインがいない。 「カインは?ベリアルは?」 シュウは無言で首を振る。 「私行かなきゃ!」 立ち上がったつもりが、膝が立たない。 力を全てあの時に使ってしまったせいか、立ち上がる事も出来ない。 シュウが私をぎゅっと抱きしめる。 「行かせないよ!キョウカを夜まで外には出せないんだ。日が落ちるまでここに僕といて!!」 シュウの言ってる意味が良くわからない。 夜まで? 日が落ちるまで? シュウの腕を掴んで顔を覗き込む。 「私…日に当たると…死ぬの?…ヴァンパイアに…」 「違うよ!まだそうと決まった訳じゃないけど、もしそうなら外には出せないから…だから、お願いだからここにいて!!」 シュウの腕を掴む手を離す。 そっか…カインの血が身体から抜けて、人間の、リュウの血を身体に入れてしまったから…私、ヴァンパイアになったんだ…。 精一杯の力で自分で自分を抱きしめた。 シュウが哀れんだ目で私を見つめる。 「キョウカ…まだヴァンパイアと決まった訳じゃないから。それに今ベリアルを捕まえに天使が来てるから、きっと大丈夫だよ。」 頬に涙が零れ落ちた。 私、とうとう本物の悪魔になったんだ。 人間の血を吸って生きていくしか道がないんだ…。 あのままカインに血をわけてもらってる方が良かった。 その方が人間を傷つけずに生きていけるって甘い考えしてた。 私って全てにおいて考えが甘いんだな。 もういいや。 結局人間を傷つけて生きるなら灰になって消えたい! 突然部屋の中に聞き覚えのある低い声が響いた。 「おい、ふざけるな!貴様の命は俺様の物だ。勝手に捨てる事は許さんと言った筈だ!!」 部屋の中を見回してもカインの姿はない…。 暫くするとガタガタと部屋の中に沢山の者たちが現れた。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!