一、異変

1/5
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/206ページ

一、異変

速手(はやて)、起きなさい・・・・」  火見(けみ)はかたわらで眠っている従者の速手をゆり動かした。  床がゆっくり波打ち、柱や屋根が低い唸りをあげて小刻みに震えている。 「地震だ!」  異変に気づき、速手が跳びはねるように起きあがった。 「ちがいます。またです。今度こそ、何か、探りましょう。身支度なさい」  立ちあがった火見は、何かに髪を引かれているように感じ、髪に手をよせた。ほつれた髪が宙へむかって逆立ち、炉の火明(ほあか)りに、速手の角髪(みずら)から逆立つ髪が見えた。  速手も髪が気になるらしく、額や首筋の生え際から、髪の根をかきむしっている。逆立つ髪は元にもどるどころか、さらに持ちあがった。  ゆっくり波打っていた床の動きが小さくなった。館の唸りは大気を細かく振動させたかと思うと、耳鳴りのような甲高い音になり、ふっと消えた。板戸の隙間から、夕日に似た光が薄ぼんやりと広間に射しこんでいる。  突然、火見の身体の中で、何かが勝手にうごめいた。強い陽射しを受けたように、頭が熱を持ちはじめた。 「もう、朝でしょうか?」 「まだ、夜明け前です。それに、朝日は南から昇りませぬ!」  光が射しこんだのは南廂(みなみひさし)の板戸からである。  火見の頭に痛みが現れた。痛みは、一瞬、頭部を駆けめぐって心臓へ移り、胃に留まった。動きを止めた胃は胃液で充満し、内容物が行き場を失い、口をついて出そうになった。  こうした感覚は、不用意に邪霊や悪霊に襲われた時と同じだった。  邪霊や悪霊がいるのか?  火見は心で広間を探ったが、広間には、速手と数人の館人(やかたびと)の気配しかなかった。
/206ページ

最初のコメントを投稿しよう!