再会

37/37
1217人が本棚に入れています
本棚に追加
/37ページ
そして私は それ以来 男性との行為をしていなかった。 大好きだと思っていた人の下で 愛されている実感に 顔を歪め 息を乱し、 声をあげていた私を あの気味の悪い笑みで見られていたのかと思うと… 大嫌いになったあの男の言葉で 自分は全身を汚されたような気がした。 『年下で世間知らずの女』は 年上の男の人の前では いつもよりも頑強な鎧を着けなければならないのだ…
/37ページ

最初のコメントを投稿しよう!