隠れた真実

4/37
1279人が本棚に入れています
本棚に追加
/37ページ
…報い…? …今までしてきたこと…? 彼女の言葉に私の中の怒りの熱はいつの間にか冷め始めていた。 それどころか、今は青木さんと田部さん、二人のやり取りだけだ。 すると、しばらく黙っていた青木さんが表情のない声で言った。 「関係ないね。俺は彼女を手に入れる」 「…そう、やってみればいいわ。だけど…。彼女は初めて自分のものにならない女になるわよ?」 「生憎(アイニク)、落とせない女はいないんでね」 「『落とせない女』?自分が地まで落ちてるくせに。たった一回セックスすれば落とせたことになるのかしら?」 「…うるせーんだよっ!」 「青木さん!!」 私は思わず叫んでいた。 青木さんが… 彼女に向けて手を上げたのだ。 その時、振り上げられた彼の腕をあっくんがそのままの位置でグッと掴んだ。
/37ページ

最初のコメントを投稿しよう!