決戦の週末

25/25
1058人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
私は俯いたままテーブルを拭き、あっくんの食器と自分の食べ残しの食器を片付けた。 流しの水を勢いよく出してみたけれど、 二度目のインターホンの音は それにかき消されることもなく 部屋の中に響き渡った。 運命の鐘…… ……なんて、大袈裟なものじゃないにしろ その音は 私のカラダを身震いさせた。 「……ひかる?」 あっくんがずっと下を向いている私の顔を上げさせる。 「大丈夫だからな」 あっくんは私にそう言うと笑顔を見せて玄関に向かった。 あっくんがいなくなった場所を見つめていると その先のベランダが目に入る。 外ではいつの間にか 雨が降り出していた……
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!