第七章:束の間の幸せ・後

1/17
54人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

第七章:束の間の幸せ・後

       2. 「───そんなヤな奴がいるの?」  尚斗との学校帰り。 昼間は残暑が厳しいが、さすがに夕方も六時を過ぎると、だいぶ涼しくなってきていた。  冗談まじりに話した亜矢香のことを、尚斗は必要以上に拒否反応を示した。 露骨に顔をしかめ、さらに言葉をつなぐ。 「もし、またそういうヒドイことするようだったら、オレに言ってよ。 文句言ってやるから」  そう言うと、情けなさそうに、肩を落とす。 「…男だったら、ぶん殴ってやるんだけどなー。 女じゃ、そういうわけにもいかないし……」
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!