第0章

3/3
984人が本棚に入れています
本棚に追加
/310ページ
誰かに恋焦がれ、 胸が張り裂けそうな嫉妬に狂い、 ――…こんな淫猥な行為に溺れるなんて、 予想だにしていなかったのだ。 あの時は。 「じゃあ、次は自分で解してみましょうか。 ――…そう、脚をもっと開いて。 自らの指で拡げるんです」 先生。 …先生。 「光哉、可愛いですね」 もっと俺を、 壊して。
/310ページ

最初のコメントを投稿しよう!