561 大将不在の軍議

1/7
1498人が本棚に入れています
本棚に追加
/1653ページ

561 大将不在の軍議

八日 早朝、慶喜公は、天保山沖に停泊していた開陽丸に乗りこみ、会津藩主松平容保公・桑名藩主定敬公と共に江戸へと出港 たった二日前に、兵たちをあんなに激励しておきながらだ この総大将は、自分の為に戦う新選組を含め旧幕府軍を大坂に置いて、松平容保兄弟まで連れて姿を消してしまった 噴き上がり、爆発寸前の皆の不満 ヨッシー達指揮官でさえも困惑し、軍議は紛糾する
/1653ページ

最初のコメントを投稿しよう!