9.

20/39
810人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ
躊躇いながら、マフラー越しに髪を撫でてくれる手が切ない…。 この人は、本当は優しい人だ。 その時、心の奥から湧いた疑問と確信。 朔耶なら、きっと、璃桜の欲しい答えをくれる。 「朔耶さん…。」 朔耶の顔も見えない程に溢れる涙を拭って、璃桜は大切な質問をした。 「朔耶さんが、ニニギノ命(ミコト)だったら…どうしますか? 」
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!