最初、からっぽだった行間が、次第にスミエとショウヘイの濃密で一途な愛に溢れていって。 やがて、まるで隙間の無いほど、想いが詰められていく。 その純粋でひたむきに真っすぐ前を進んで行く姿に、心が揺さぶら
お疲れです。最後は感動をありがとう。
冬桜さんの作品はみんな好きです。特に狂乱の愛、体の相性の 先が気になります.みんな好きです。頑張ってください。
わかる わかる って主婦の気持ち。 亭主が私の息子なら「そんな人間に育てた覚えはない」と怒りたい。 これからが楽しみですが、タイトルからすると、 修羅場的?(^O^) 大人のお話ですね。

/1ページ

4件