熟女3人の旅(期待した安らぎ)

1/6
865人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

熟女3人の旅(期待した安らぎ)

待ち合わせ場所にイッちゃんとタキさんが待っている。 イッちゃんは (逸美、いつみ) タキさんは (多季、たき) だから、そう呼んでいた。 3人は子供達が同じ学年で知り合い徐々に仲良くなった。 女3人は家事や亭主から解放されていつもより明るくて厚化粧をしていた。 とにかく3人は久々の解放感に最高の笑顔になっている。 3人は日頃の憂さ晴らしをする為の旅行だった。 こんな時はもう無いかも知れない。 亭主と離婚しない限り味わえない解放感だった。 行く場所は何処でも良かった。 亭主から離れていられるならーー。 春風が誘う。 春の花が咲き乱れている。 私も亭主を忘れて乱れたい。 そんな気分になっていた。 枯れた花に水を入れてくれる人が現れたる予感。 幸せだ。 家族を忘れて乙女に戻ったような時間がこれから始まる。 (留守にして)悪いと思うのは子供達だけだわ。 亭主? 私、今、忘れちゃった!
/27

最初のコメントを投稿しよう!