ワタシノホコリ

2/7
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
1944年04月13日 18時59分 「ソナーに感あり、魚雷4!!2本ずつ、時間差で来ます!!」 「取り舵一杯!!回避しろ!!」 駆逐艦『雷』の艦橋は、緊迫感に支配されていた。 敵潜水艦からの魚雷を回避するため、空が薄暗くなり、海の漆黒が濃くなっていく中、急旋回に移る。 ━━工藤さんと前田さんから預かったこの船……易々と沈めるわけにはいかん……! 生永邦雄艦長は、その意志を受け継ぎ、決死の覚悟で潜水艦との決戦に挑む。 「本艦左舷横を2本が通過!回避しました!」 「油断するな!まだ2本くるぞ!!」 第一波をなんとか回避するも、更に後続の2本が『雷』へと肉薄する。 ……その2本が、手強かった。 敵潜水艦は、『雷』が魚雷の存在に気付き回避行動を取ると予測し、予め後続の2本を『雷』が取るであろう予測進路へと放っていたのだ。 そして『雷』は、敵潜水艦の網に引っ掛かる方向へと回避してしまったが為に、迫る残りの2本を最悪の形で迎えることとなる。 「左舷に後続の2本が接近!……さ、避けられませんっ!!」 「なにっ!?」 生永艦長の表情に焦燥が浮かび上がる。 『雷』は尚も魚雷を避けようと曲進を続けるも、雷跡はもう眼前にまで迫っていた。 ━━駄目だ……当たる……! 「総員、衝撃に備えろぉぉ!!」 ━━次の瞬間。 2本の魚雷が、『雷』左舷に命中。 轟音が轟くと共に、『雷』から業火が噴き上がった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!