溺れる躰

6/36
922人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
「葵のせいじゃないだろ。 でもそれがあったからこそ… 桐生君に負けたくないと思った。 葵から桐生君を全て消し去りたい… そう思ったらね… 蘇る事が出来たみたい」 そう言って優しく微笑んだ彼に また胸がきゅっと苦しくなる。 「先に謝っておくね。 僕はもう葵を手離せないよ。 何度でも繋がりたい。 いつも触れていたい。 覚えたての何とかってヤツだから。 覚悟しておいて」 「…ぷっ…」 小さく吹き出した私に 彼もクスリと笑う。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!